Home > さとう式リンパケアブログ一覧 > » 便秘になったら、腸ケアでうんち出し力を強化!

便秘になったら、腸ケアでうんち出し力を強化!

(2016年6月28日)


腸ケア便秘

腸ケア始めました!って言うと、皆さん「私も便秘症!」って答える方多いですね。

便秘対策に食生活を改善することはかかせませんが、意外に見過ごされやすいのが、うんちを出す力を強化することです。

いくら食事に気をつけていてもなかなか便秘が改善できない方は、便を出す力が弱い可能性が高いのです。

実は、私はめったに便秘になりません。反対に下痢症。だから、たまーに便秘気味になると、うんちを出す力のないことないこと(苦笑)実感してます!!

皆さん うんち出し力!強化しましょうね!

 

便秘のうんちが臭い理由

腸ケア便秘

便秘は出されるべきうんちが、腸内に長期間溜まった状態です。

体内温度は、36°くらい。

食べかすが腐敗し、悪玉菌が増殖します。

そして発ガン物質、アンモニア、硫化水素などの有害物質や、おならの元となるガスを発生させます。

なので、便秘の時のうんちは、臭いのです。

 

 

便秘が続くと、有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。想像するだけでも、コワい!ですよね。

結果 肌荒れや様々な病気につながると考えられています。

また便秘は、日を追うごとに水分が吸収されて頑固な便秘になり、環境も悪化するので、早めのケアがとても大事です。

 

 

便秘で固くなったうんちを出すには、腹筋が必要!

腸ケア便秘

うんちを出す力に必要なケアの一つに「腹筋を鍛える」があります。

腹筋と言っても、体幹と言われるインナーマッスルの事です。

 

 

うんちは小腸から大腸へと送られて最終的には直腸にたどり着きます。

直腸にたまったうんちを最終押し出すには、腹筋の「いきみ」が必要になります。

必要以上のいきみはかえって痔などの原因になってしまいますが、体幹部を鍛える事で、スムーズに押し出す力が備わるのです。

 

 

体幹部分は、横隔膜・骨盤底筋・内腹斜筋・多裂筋で囲まれた部分。

適切に使う事で、押し出す力が生まれます。

 

マルチカフのMCCトレーニングで腹筋を強化!

腸に働きかえるエクササイズ、腹筋の周辺の筋肉を強化します。

MCCトレーニングを加える事で、より短時間に効率よく効果が確認出来ます

 

  • カーフレイズ(つま先立ち)

腸ケア便秘

カーフレイズは、血流をよくし、新陳代謝をあげますが、更にふくらはぎにカフをまいてトレーニングする事で短時間に速筋に効いてきます。かなり、お尻の筋肉にも効くので、ヒップアップ効果も抜群ですよ♪

 

 

  • おしりの筋肉を緩める

腸ケア便秘

ただし、緊張やかたくなった筋肉は、循環が悪いので、そのままにせず必ず緩めてあげましょう。

Miya式では、おしりには「ファインボール」ここかな、ここかな、って探しながらお尻を移動させていくと気持ちいいーー

ぜひ、やりにきてくださいね!(^^)!

 

 

  • 仕上げは揉まない「腸ゆらし」

腸と対話しながら、やさしく腸をゆらしていきます。腸のかたさでその人の性格がわかると私の師匠は言っています。

セルフケアで美と健康を手に入れる。

そのひとつに、ぜひ、「腸ケア」を取り入れましょう。

 

MCCトレーニング随時受け付けております!お気軽にどうぞ

毎月開催!MCボディメイク・シェイプアップコース 50分2,000円

毎月開催!RIPリフレッシュ・ストレスフリーコース 60分3,000円

 


メディア掲載・書籍