Home > さとう式リンパケアブログ一覧 > » 最近顔が歪んできたなら、原因は頬骨かも!

最近顔が歪んできたなら、原因は頬骨かも!

(2015年6月16日)


頬骨が高くていや〜!
チークをすると余計目立っちゃう。
笑うとボコッて頬骨が出てしまうから、恥ずかしくて笑うのもいや!
いっそ、整形する勇気があれば削りたい・・・
欧米では美人の条件にもあげられる「高い頬骨」ですが、日本では頬骨が高かったり広がっているとコンプレックスに感じる方が多いです。
そんな悩みを「美容整形」で解決する前に、さとう式のフェイシャルリンパケアで頬のでっぱりをなくし、すっきり小顔を手にいれましょう!(^^)!
先日もフェイシャルパンパケア講座にお越しになったAさん

「私、昔 小顔だったんです・・・
なのにこの頃、顔がどんどん広がって、
下がって(たるんで)きたのは気のせいじゃないと思うんですが、
なんとかリンパケアで元にもどりますか?」
って必死な顔で訴えていました。
昔と変わっていく姿は、恐ろしいですよね(笑)

頬の出っ張り具合でお顔の印象はガラリと変わってしまいます!!
下の写真を見て下さい。
どちらが年下に見えますか?

さとう式リンパケア頬骨

 

左側の女性の頬は張り出しており、
右側の女性の頬は定位置に治まっています。

勿論 向かって右側の方がすっきり若々しく見えますよね♪

 

なぜ、頬骨が出っぱってしまうの?

長時間のパソコン作業などによる、目の疲れや、
顔が張りつめていたりするとこめかみや眉間に力が継続してかかります。

お顔も体の筋肉と同じく、表情筋という筋肉があり、
力が入り続けていると凝り固まってしまいます。

こめかみや目の周りの表情筋が縮み、
凝っていくと頬骨の位置が持ち上がってきます。

一度、緊張し固まった表情は、簡単に力が抜けないので持ち上げる力は矯正のようにかかり続けますね。
頬骨のでっぱりは骨を押しただけでは改善されないのです(~_~;)

さとう式リンパケア頬骨

 

頬骨が原因で顔が歪んでしまう?!!

久しぶりに撮った写真の顔を見てみると、顔が微妙に歪んでいる…と気づいた経験はありませんか?

頬骨とエラをつないでいる筋肉に咬筋(こうきん)があります。この咬筋が縮むと頬骨がひっぱられ顔が歪んでしまいます。

骨格が歪むと贅肉が付きやすいのは顔も体も同じで、頬骨にゆがみが起こると、頬にお肉がつきやすくなります。
さとう式リンパケア頬骨

 

 

さとう式リンパケアで頬骨による顔の歪みを解決するための方法

左右の頬の幅が異なると、顔全体のバランスが崩れて見えてしまいます。

頬骨が原因で起こる顔の歪みを解決するためには、
まずこめかみや目の周りの筋肉をリンパケアで緩めて、筋肉の緊張やコリをほぐしましょう。
そうすると、筋肉にひっぱられた頬骨が
あら不思議!もとの位置にもどっていきますよ!(^^)!
リンパケアは、口腔というお顔の空間を円筒にして体積を広げるものです。

決して力は加えません。圧も加えません。 本当に触れるだけです。

「さわる」という表現では強すぎるくらいです。

顔が大きくみえてるのは顔全体の骨格の空間が潰れているからです。
上部口腔、下部口腔を整えれば印象が変わります。
強い圧を加えなくても、顔の骨格は簡単に動きます。
顔のむくみを取って、リフトアップさせるだけでいいなら
とっても簡単な方法がありますのでまた、次回紹介しますね。
美容整形並みと言うより美容整形外科を超えちゃう!

さとう式リンパケアってやっぱりすごいです!(^^)!

 

無料講習会実施中!
実際にさとう式リンパケアを体感してみませんか?毎週都内で実施しております。参加費は無料!動画や本を見てもなかなか分からない「さとう式リンパケア」
ぜひ、体感してみてくださいね!

講習会一覧はこちらから

 


メディア掲載・書籍